ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

ブレーキオイル交換リア

ブレーキオイル交換リア

役割

役割

ブレーキオイルはライダーが制動をかけたいとブレーキレバーやブレーキペダルに力をブレーキパッドに伝えるものですが、空気中の水分を吸湿する特性があるので劣化しやすく、定期的な交換が必要となります。

バイクの制動(ブレーキング)はフロントが主に受け持っていて、リアのブレーキは主にバイクの挙動の安定に貢献しています。ブレーキパッドの減りの早さを比べると、フロントの方が早いことで分かります。フロントに比べると役割の薄いリアブレーキですが、思い通りのライディングのために、ブレーキオイルの交換は、前後ともに行う必要があります。

劣化したブレーキオイルの色

劣化したブレーキオイルの色

交換してから1年間経ったブレーキオイルの色です。黄茶色に変色しています。

作業の手順1

作業の手順1

サイドカバーを外したら、リアブレーキのリザーバータンクを取り外します。タンクを着けたままでの作業も可能なのですが、車体に着いている埃や砂が蓋を開けると入ってくるのと、取り外した方が作業性が良くなるので、外しています。

蓋を外す

蓋を外す

蓋を外します。
リザーバータンクの蓋の裏面は特殊な構造となっていて、タンク内の気圧が下がる(ブレーキオイルの油面が下がる)と裏面が写真の様に変形してタンク内の減ったオイルの体積だけ補う様になっています。

この裏面は大変に薄いゴム状の素材で出来ているので、傷つけない様に注意して下さい。丈夫なので手で触ったくらいでは傷はつきません。

ブレーキペダルを踏み込む

ブレーキペダルを踏み込む

ブレーキペダルを踏み込みます。
手で踏み込んでかまいません。

ブレーキペダルを踏み込むことで、リザーバータンク内のブレーキオイルに圧力が掛かり、下記の作業を行うことで、外に出すことが出来ます。

ブリーダバルブを緩めます

ブリーダバルブを緩めます

ブレーキキャリパーのブリーダバルブに耐油性のホースを取り付けたら、ブリーダバルブを緩めます。

ブレーキペダルを踏み込むことで、圧力をかけているので、ブレーキオイルがホースに出てきます。

ブレーキオイルはペダルを踏み込むと活きよい良く出ますので、出たらバルブを締めます。

ブレーキオイルを補充する

ブレーキオイルを補充する

ブレーキペダルを踏み込みながらブリーダーバブルを緩めると、ブレーキオイルが出てきます。

この、出てきた分だけ、ブレーキオイルを補充します。
リザーバタンクは固定されていないので、傾いてブレーキオイルがこぼれたりしないように注意してください。

踏む、抜く、補充の繰り返し

踏む、抜く、補充の繰り返し

ペダルを踏んでバブルからオイルを少しずつ出して、出した分だけオイルをリザーバータンクに補充をする。
この作業を繰り替えることで、タンク内とホース内の古いオイルを出し切り、新しいオイルに置き換えます。

空気抜き

空気抜き

ブレーキペダルを踏み込んだとき、ふかふか感があるときは何度もペダルの踏み込みとオイル抜き、オイルの補充を繰り返して空気抜きをします。
写真は空気が出てきたところです。

ブレーキオイルの適正レベルを確認する

ブレーキオイルの適正レベルを確認する

リザーバタンクを水平にして、ブレーキオイルをアッパーレベルにまで入れます。

キャップを閉めタンクを取り付ける

キャップを閉めタンクを取り付ける

キャップを閉めます。
内側のゴムキャップは変形しやすいので、取り付けの際にへこんだりしないように注意してください。

次いで、リザーバタンクをネジで固定します。
最後にサイドカバーを取り付けたら作業は終了です。

買う&探す

Ads by Google