ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

ウニ

ウニ

北海道を代表する海の味覚がウニです。

わたしは、天売島でウニを食べるまでウニは苦くて臭いので大嫌いでした。

北海道でも札幌や北見や函館と言ったウニの水揚げと関係のない街で食べるウニは、やはり不味く感じます。
ウニのおいしさの第一条件は鮮度とよく分かります。

つまり、北海道を旅した人しか、新鮮なウニを食することが出来ないと言うことです。
北海道を走るなら、是非ウニを賞味ください。味覚革命が必ず起こります。

天売島のウニ

天売島のウニ

北海道のウニを食べさせる土地というと、一に積丹半島、二に利尻島と礼文島と言われていますが、どちらも観光地なのでとても高いウニを食べさせられます。

懐具合が豊かならかまいませんが、そうでない人にお薦めなのが、天売島のウニです。朝、天売の漁港にはウニが籠に入って山と積まれています。このウニが昼や夜に食膳に出されるのです。鮮度の悪いはずがありません。

ウニの甘み

ウニの甘み

鮮度の高いウニは臭みが全くありません。味は濁りの無い甘みが口いっぱいに広がります。美味とはこういう味かと目が開かれる思いがしました。

天売島のウニ漁

天売島のウニ漁

早朝、天売島の漁港を散歩していると、手こぎボートの大きさの漁船が海から帰ってきて、沢山のウニを水揚げしていました。

Ads by Google