ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

北海道の蟹

北海道の蟹

「北海道の味覚は?」と聞かれれば、多くの人が蟹と答えるでしょう。
思い浮かべる“北海道の蟹”はいくつもあります。

北海道でしか捕れない蟹は毛ガニ、花咲ガニ、タラバガニがあります。
ズワイガニはマツバガニとか越前ガニとか呼ばれて日本の各地で捕られますが、北海道でも沢山捕られています。

オホーツク海の街の紋別が水揚げ高が多いので有名で、街の東の外れにあるモベツ川の河口付近には、巨大なズワイガニの爪のオブジェがあります。

蟹の種類

北海道で言われる言葉は、「味は毛ガニ」で「食感はタラバ」です。ズワイガニは眼中に無いようです。わたしも在道中はズワイガニはまず食べません。よほどにお金が無くて、それでいて蟹が食べたくてしかたが無い時にズワイガニを買ってきて茹でて食べたことがあります。

根室港や花咲港で水揚げされる花咲ガニは、味や食感ではやや劣るものの、ズワイガニよりは美味です。ただ、道東の限られた港でしか水揚げがされないので、北海道のどこでも売られている訳ではありません。主に道東で手に入ります。

蟹の買い方

蟹の買い方

北海道では蟹はどこでも手に入ります。
スーパーでは定番として一年中売られていますし、漁港のそばに必ずある魚屋さんでもほぼ一年中売られています。
札幌の市場や箱館の朝市で売られているのは、観光客に大人気です。
ツーリングライダーには、釧路の和商市場が人気の様です。

でもちょっと待ってください。
北海道に住んでいる人は、この様な“市場”で買い物をすることはほとんどありません。これらの市場は観光客が対象なので、鮮度はともかく価格はべらぼうと言っていいくらいに高価です。

ちなみに写真のタラバガニは、懇意にしていた魚屋さんから分けて貰った身の空いたタラバガニで、一杯千円しませんでした。
身が空いていたと言っても、魚屋さんの感覚だったので、普段食べているタラバと比べても十分に身は詰まっていました。

毛ガニ

東京で手に入る毛ガニは、茹ですぎて風味が抜けてしまって、身がぱさぱさで食べるに値しません。市場なので、冷凍物を手に入れる位しか、食べるに値する毛ガニは手に入らないでしょう。

北海道では、街のスーパーで売られている毛ガニでも味が濃厚です。毛ガニの湯で方を知っていると言うことでしょう。
毛ガニの本場なので、少しでも味が落ちると売り上げも落ちるので、ゆで加減に気を遣うので、どこで買っても美味しい毛ガニが手に入るのでしょう。

毛ガニに関しては、売られているお店に拘る必要なく、どこで購入しても美味しい毛ガニが手に入ります。

ただ、身がびっしりと詰まっていて、しかも価格がこなれているのは、漁港のある街の魚屋さんです。わたしが在道時には、紋別の魚屋さんと懇意になっていて、毎週、毛ガニやタラバやカレイなどの魚介類を購入していました。

毛ガニ一杯1000円未満が相場です。
ただしこれは冷凍物。

浜茹でと呼ばれる凍らせていない毛ガニはやや高い値段が付きますが、浜茹ではスーパーではまず手に入らず、魚屋さんでのみ売られています。

タラバガニ

タラバガニは大きくて、一杯を一人で食べるには量が多すぎます。
足を何本かに分けて売られているタラバを買います。

大抵は冷凍物が売られているので、買って直ぐに食べることが出来ません。タラバの冷凍物は、自然解凍させて食べるので、時間がかかるのです。
この様な訳で、タラバガニをツーリング中に食べる人は希と思います。

ツーリング中にタラバガニの冷凍物を手に入れたら、後の荷物の上にくくりつけて自然に融けるのを待ちましょう。

花咲ガニ

花咲ガニ

主に根室港と花咲港で水揚げされる蟹です。
常に手に入るのは帯広市から釧路市、根室市、網走市、北見市とその周辺の市町村に限られています。札幌辺りのデパ地下なら売られているかも知れません。

花咲ガニの面白いところは、身が100%完全に詰まっていることは無いことです。
つまり、毛ガニやタラバの様に身が一杯ということはまず無く、多少の隙間があるのです。このためか、脱皮途中の身がスカスカの花咲ガニが“特価”でスーパーでよく売られています。が、これは身が少ないだけでなく、味も落ちるのでお薦めできません。わたしも何度か買って食べて後悔したことがあります。写真の花咲ガニは、釧路市郊外のスーパーで購入したものですが、身がスカスカでした。ただし値段も580円とあきらめが着きました。

蟹の選び方

蟹の選び方

蟹を買うなら、お薦めは魚屋さんです。
浜茹での花咲ガニや毛ガニが売られていることがあります。

花咲ガニの選び方は、毛ガニと同じに持ち重りのする蟹を選びます。ただ、毛ガニと違って身が100%詰まっている個体はないので、同じ大きさの蟹をいくつも持ってみて、一番重い個体を選べば、身が十分に詰まっているはずです。

大抵の魚屋さんは親切なので、身の詰まっている個体を教えて勧めてくれます。身が重い分だけ少し高価になりますが、100円とか200円くらいの差額なので、思い切って一番高くて重い蟹を買いましょう。花咲ガニは、大きく重くても1000円を超えることは希です。

Ads by Google