ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

天売島の旅館オロロン荘

天売島の旅館オロロン荘

2007年6月に天売島に旅した時に利用した旅館です。旅館と言うより民宿といった方がイメージは近いでしょう。

通常料金6000円に2000円をプラスして特別料理を頼んだのですが、量の多いことと、鮮度が高く美味しいことで驚かされました。
リーズナブルな料金と親切な女将さん、清潔な部屋のオロロン荘は、安心してお薦めできます。
Tel:01548-3-5529

3枚の写真は、初日の夕食のものです。
1枚目が毛ガニの浜茹でとウニの刺身。子持ちカレイの煮付け。

オロロン荘の夕食

オロロン荘の夕食

2枚目も初日の夕食です。
酢の物が二皿、アワビとウニの刺身、数の子、沢庵が移っています。

オロロン荘の夕食

オロロン荘の夕食

3枚目も夕食です。
甘エビとホタテ貝と青ソイの刺身。
豆腐とホタテの稚貝の味噌汁です。

ご飯のおかわりは無制限でした。
お櫃を空にしてしまい、お櫃のおかわりを頼んだら、女将さんは驚いていましたが、笑顔でお櫃のおかわりをくれました。

オロロン荘の建物

オロロン荘の建物

オロロン荘の建物の外観です。
客室は8畳か10畳くらいの広さがありました。
1人か2人で泊まるには、十分な広さです。

風呂は大きく、沸かし湯ですが、ちょっとした温泉旅館のサブの浴槽くらいありました。

オロロン荘の夕食2泊目

オロロン荘の夕食2泊目

オロロン荘には2泊しました。
2日目の夕食です。
1枚目の写真は、ホタテ貝とエノキダケや茄子の鍋物。
煮魚。

オロロン荘の夕食2泊目

オロロン荘の夕食2泊目

2枚目の写真です。
ウニの和え物。
ウニとアワビの刺身。ウニとアワビの殻一杯に刺身が詰まっていて、見た目の3倍くらいの量があります。
下は蛸の酢の物、沢庵、蛸の塩辛です。

オロロン荘の夕食2泊目

オロロン荘の夕食2泊目

3枚目の写真です。
甘エビとイカとソイ(?)の刺身。
豆腐とホタテの稚貝の味噌汁。

オロロン荘の朝食

オロロン荘の朝食

これは3日目の朝食です。
毎朝、おかずは違っていました。
焼き魚、和え物、シラス干し。
漬け物、海苔、卵。

卵焼きに海苔に納豆と言うようなありきたりな旅館風の朝食と違って、手作りの味わいのあるものでした。

Ads by Google