ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

胸を締め付け暖かい空気を逃さない工夫(リュックサック)

胸を締め付け暖かい空気を逃さない工夫(リュックサック)

厚手のフリースやウールセーターよりも暖かなノウハウの一つが、胸の辺りをベルトでぎゅっと縛って、空気の層を逃げないようにすることです。
ベルトで縛るというと難しそうですが、リュックサックを使えば簡単に出来ます。胸ベルトと腹ベルトを備えたリュックサックを背負い前のベルトを締めるだけで保温効果が得られます。ついでに言うと、リュックサックは空でも転倒したときには脊椎ガードの役目も果たしてくれるので一石二鳥です。

ベルトで締める

ツーリングライダーでリュックサックを背負っているライダーは実は少数です。ファッション性が無いのでしょう。
リュックサックは背負いたくないが、ベルトで締めて保温をしたいというライダーにお勧めなのはフリースなどインナーを着込んだ後に胸の辺りにベルトを巻いて仕舞うことです。
このベルトを締めることで胸とお腹が区分されるので暖かさが倍増します。

Ads by Google