ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

テントの寿命

テントの寿命

テント本体の寿命

テント本体の寿命

テントは幾つかの部品で構成されていますから、しっかりとしたメーカー製のテントを選べば、壊れた部品だけを交換することが出来るので、買い換えるよりも安上がりで済みます。それに慣れ親しんだテントがわずかな壊れ方で使えず捨てるのは忍びないですね。

写真はわたしのムーンライト2のテント本体の底がキタキツネに食い破られたので補修した跡ですが、通常ですとと、テント本体の寿命が一番短いです。なぜなら、底が地面と接していて穴が開いたり防水加工が落ちたりするからです。補修も可能ですが、穴が大きかったり防水加工の落ち方が激しいと補修も出来ません。

わたしのムーンライト2は10年間で3代目になりました。2回買い換えたことになります。河原など石があるところでもグラウンドシート無しでテントを張るわたしのような使い方をすると、テント本体の寿命は3年、もしくは100泊位です。

テントの寿命を延ばす

テントの寿命を延ばす

テントの底が一番早く寿命が来ますので、テントを設営する時に先にグラウンドマットを敷いておくと寿命が驚くほど延びます。
グラウンドマットはアウトドア専門店でも売られていますが専用という理由で驚くほど高価です。わたしは100円ショップで売られている180×180センチのレジャーマットを使用しています。厚手なのでパッキングした時にかさばるのですが、この点は逆にクッションとしてパッキングする時に金属製品とバイクの荷台の間に挟まるように置いています。

フライは2代目

フライは2代目

ムーンライト2のフライは2代目です。初代は日本を2周位したところで2代目に買い換えました。買い換えて5年ほどたちますが、防水やファスナーのヘタリ、縫製のほころびなどはありません。まだ、数年は持つと思います。

10年選手

10年選手

購入以来、10年以上使い続けているのがポールです。ゴムが伸びたことで多少組み立てや撤収の時に不便を感じますが、それ以外では特に不自由はしていません。ゴムが切れたりポールが曲がるか折れる科しない限り、使い続けられそうです。
ペグをいれる袋も同様です。初代を買った時のものを使っています。

10年選手2

10年選手2

ペグとペグを入れる袋も10年間使い続けています。
金属製なので、曲がっても軽くハンマーでたたけば修正できるので、なくさない限り、このさきもずっと使えると思います。

10年選手23

10年選手23

テントを収納する袋も初代のまま使用しています。ポールを入れる袋、ペグを入れる袋も同様ですね。収納袋はとても丈夫に作られているようです。

Ads by Google