ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

狭い居住性と収納時の軽量小型

狭い居住性と収納時の軽量小型

トレックライズ0は背中に背負って山に登る人を対象に設計されたテントなので、収納したときは軽量コンパクトですが、設営した時は小さくなります。室内はシュラフで寝るスペースを除くと、頭周りに少しと、左右に20cmほどのスペースしかありません。

ツーリングの大きな荷物をテントの室内に置くことはむろん、前室に置くことも出来ません。このテントでツーリングをするのには、荷物をコンパクトにまとめられるライダーだけになります。

どちらを取るか

コンパクトにまとめた荷物でも、室内に起ききれない場合は、防水バッグや防水ケースなどに入れて、テントの周りに置くようになります。

2010年5月、2週間を掛けて四国から九州をツーリングした時は、このテントを使いましたが、荷物は防水バッグに入れて前室の前に置いていました。

この辺りは、ライダーの兼ね合い
収納時の小型軽量テントはパッキングが楽なうえにライディングに好影響をもたらすので、狭い居住性も我慢できると考えることも出来ます。

山では嵐の中でもテントは張らないといけないですから、悪天候下でも設営は簡単にできます。

メリットを取るか、デメリットを見て取らないかと言うことです。狭さを敬遠するなら、一回り大きなトレックライズ1かより大きなトレックライズ2を選択する事も出来ます。

銀マットを敷いたところ

銀マットを敷いたところ

テント内に銀マットを敷いたところです。
トレックライズ0の横幅は80cmなので、左右の幅の余裕はわずかとなります。

登山での荷物の置き方

登山での荷物の置き方

ツーリングではないですが、登山での荷物の置き方です。

銀マットではなく、全長150cmのエアマットをテントの中に敷いて、足元の足らない部分にリュックサックを置きます。

180cmや200cmと言う長いエアマットを使わないのは、少しでも荷物の重量を軽くするためですが、リュックサックを足元に敷いたり、枕にすることで、テント内の居住スペースを少しでも広く使う工夫でもあります。

ツーリングにトレックライズ0を使う際にも、同様の荷物の置き方の工夫が必要となります。

前室の容量

前室の容量

前室の容量は、靴やブーツを一足置く程度しかありません。
ツーリングの荷物置き場に使っていた四国・九州ツーリングのときは、前室にはブーツを置き、雨が降った時には、脱いだカッパを置くようにしていました。

PR


楽天市場でトレックライズ0を探す。
Amazonでトレックライズ0を探す。

PR


楽天市場でトレックライズ1を探す。
Amazonでトレックライズ1を探す。

Ads by Google