ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

暑い夜の過ごし方

暑い夜の過ごし方

シュラフで温度を調整する

シュラフで温度を調整する

耐寒温度の低いシュラフを使っていれば、暑い夜にも対処できると言われます。
シュラフのサイドジッパーを開けることで温度を調整します。温度を調整するのに都合が良い様に、ジッパーは頭側から開けられるだけでなく、足下からあけられるタイプが必要です。
サイドジッパーを開けてもまだ暑いというときには、シュラフを布団の様にかぶります。

シュラフカバーを使う

シュラフカバーを使う

気温が20℃を越える様な夜では、シュラフでは暑いと思います。そのような晩はシュラフを使わずにシュラフカバーを使います。

インナーシュラフを使う

インナーシュラフを使う

25℃を越える様な熱帯夜ではシュラフカバーでも暑いかも知れません。何も使わずに寝ても良いかも知れませんが、早朝の冷え込みが心配です。生地が薄いインナーシュラフで寝れば寝る時は暑からず、早朝の冷え込みもある程度は防げます。

テントのベンチレーションを忘れずに

テントのベンチレーションを忘れずに

テントには通気性を確保するためのベンチレーションがあります。つい忘れがちなのですが、テントのベンチレーションを全部開けると風がある日はとても涼しくなります。

ベンチレーションを生かすためには、テントに風が入る様に向きを考えてテントを張る必要があります。自分の使っているテントの特徴を把握しておき、どの向きにテントを張れば風が室内に入ってくるか計算をします。

Ads by Google