ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

島根と広島

第二次西日本縦断ツーリング

島根と広島

2002/05/04 255 km 天候:雨
戸河内−吉和−湯来−庄原

十方山林道

島根と広島

戸河内から十方山林道を使って吉和へ抜ける。早朝、雨というのに渓流釣り師が多数は入っている。
さすがに中国有数の林道だけに走り甲斐がある。

ガレ場

島根と広島

十和にはいくつかの荒れた林道があるが、最初の篠ヶ森林道は天候のが悪すぎて路面が崩れかけていた上、荷物に予備タイヤを積んでいて重量が重すぎるなどで通過をあきらめる。
ついで石ヶ谷林道へ。
入り口付近は風光明媚な渓流が脇を流れている。長雨で水量が増していて迫力がある。
しかし先に進むととんでもないガレ場となっていた。せめてタイヤさえ積んでいなければと思うがこれは仕方がない。

プロテクターをなくす

島根と広島

石ヶ谷林道、恵下谷林道と走り終えたときに、膝ガードを無くしていることに気が付いた。バイクに乗り始めてから10年以上愛用していて、しかも実に役に立つ膝ガードだったので、探すために走ってきた道をゆっくり戻る。
しかし、日没が近づいてきても見つからずあきらめる。
思わぬ時間を取られたので、一気に距離を稼ぐことにした。普段は近寄りもしない幹線国道(54)を北上、庄原まで進んでここで野営。

  1. << 前のページへ
  2. 次のページへ >>

このエントリーをはてなブックマークに追加