ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

一宮

日本一周記

一宮

2003/06/17 345 km 天候:薄曇り、肌寒い
扇ノ山 八東 美方 氷ノ山 一宮 生野

瀞川氷ノ山林道

一宮

国道482から東因幡林道に入り扇ノ山の南麓を一周してから美方町へ。
国道9にある瀞川氷ノ山林道の入り口から出口までの距離を計測。断続的な舗装区間が多く、総ダート距離の計測にずいぶんと苦労をする。

千町ヶ峰

一宮

南下ルートをそのまま取り、志倉道谷林道を経て一宮町へ。
草木ダムから千町ヶ峰周辺の林道を走る。
広域基幹林道の新規開設工事をしているため、一部道がとぎれていたりと道が分かりづらくなっている。

一宮

一宮

峰山林道を県道8に抜け、県道8からは峰山高原を経由して北に上る。
峰山高原のダートの一番荒れているところで、なぜか乗用車とであう。道を聞かれたが、進むにしても戻るにしても荒れたダートというと、ドライバーは途方に暮れた顔になってしまった。

生野

一宮

大川内町から生野町に抜け、山間部の空き地で野営を、と思っていたら国道や県道の至る所にキャンプ禁止の看板が立っているので、どうも野営をしにくくなってしまった。

やむを得ずルートを変更して新田キャンプ場へ向かう。
季節はずれの上、日も沈んでいたので、キャンプ場に人の気配はなかった。

  1. << 前のページへ
  2. 次のページへ >>

このエントリーをはてなブックマークに追加