ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

妙見蘇武

日本一周記

妙見蘇武

2003/06/18 310 km 天候:豪雨、のち晴れ
朝来 関宮 妙見蘇武 名色高原 舞鶴

加保坂

妙見蘇武

黒川新田林道を越えて黒川ダムへ。
以前は珍しかった風力発電の風車がこんな所にもある。
ダムを周回する道路はあるが、通り抜けられない事が分かり引き返す。
道の駅あさごで休んでいると朝からの雨が激しさを増してきた。

雨のために体温が奪われているので、県道70を休み休み北に上ってゆく。町道関宮大家線の加保坂から西に延びる林道を探索。

妙見蘇武林道

妙見蘇武

杉が原高原になぜか立派なロッジが建設中。
それほど人が訪れるような場所とも思えないが、夏には観光客でごった返すのだろうか。

妙見蘇武林道に県道267側から入る。このころになると雨は止んでいた。神社前が登山口なのか乗用車が結構な台数、駐車してある。

金山峠から名色方面へ下ってゆく支線に入るが、以外と荒れ方が少なく拍子抜け。関西ならではの極悪路を期待していたのだが。

名色高原

妙見蘇武

名色高原のショートダートを散策した後、国道482で東へと向かう。
途中から県道にそれ、さらに東へ。舞鶴を経由して綾瀬市の仁王山で野営。

  1. << 前のページへ
  2. 次のページへ >>

このエントリーをはてなブックマークに追加