ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

阿寒

初夏の道北・道東紀行

阿寒

2005/06/28 289 km 天候:晴れのち曇り
美幌 チミケップ湖 足寄 阿寒湖

チミケップ湖

阿寒

青い空に新緑の湖は美しいが、チミケップ湖は人の気配がほとんど無くひっそりとしている。

陸別の関寛斎像

阿寒

司馬遼太郎氏の胡蝶の夢や街道を行くに関寛斎が出てくる。関が人生の最晩年を送ったのがここ陸別だった。陸別は北海道でも最も寒い場所の一つで、なぜ80才を越えた関がここに移住して開拓を志したのか。
陸別の人は街を創った関を未だに慕っていて、こうした像を建てたりしている。

雌阿寒岳越え

阿寒

陸別から足寄の林道を通り、阿寒湖の湖畔で休憩をとってから、フレベツ林道と飽別白水林道とつないで雌阿寒岳のすそ野を越えて行く。
陸別から足寄にかけて、ちょっとした高台にでると雄阿寒と雌阿寒を見ることが出来る。

鶴居

阿寒

飽別に抜けたあと、鶴見峠を越えようと町道に入ってみたが、残念ながら通行止め。過去6年間で1度しか通ることの出来ない幻のダートとなってしまった。
やむなく迂回路をとり、阿寒湖へと抜ける。

阿寒湖温泉

阿寒

阿寒湖畔温泉の野営場にテントを設営後、まりも湯を利用すると、すでに日が暮れているというのに泊まる場所が決まらないと言うライダー氏がロビーにいた。

阿寒湖畔野営場

阿寒

すぐそこに野営場が有るので案内をすると、テントを立てるのは強が初めてだと言いながら、真っ暗な中で、テントの設営を始めた。そのあと、足湯で話をしていたが、キタキツネやエゾジカなどが出没して驚かされた。

  1. << 前のページへ
  2. 次のページへ >>

このエントリーをはてなブックマークに追加