ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

椎葉村の林道

四国・九州山岳道路ツーリング

椎葉村の林道

2010/05/06 271 km 天候:曇りのち雨
宮崎県

高千穂町の土呂久林道

椎葉村の林道

高千穂町の屋根とも言える四季見原へ登る土呂久林道を早朝に走る。道は荒れていないし、特に注意をするような道路でもないのだが、あえなく転倒する。四国ツーリングで消耗した体力と気力がボディーブローの様に効いてきたみたいだ。

四季見原へ通じるダート林道は舗装化されていたのは残念。また、いつも通っていた舗装林道は工事中のために通行止め。
やむなく初めての道を通るが経路が複雑な上にかなりの迂回路となっていた。
時間のロスが痛い。

国道503と大仁田スカイライン

椎葉村の林道

国道503は諸塚村から登ってきたことはあるが、五ヶ瀬町から入るのは初めて。やはり市町村が違うと同じ国道でも雰囲気が違っている。諸塚村側は小さな集落が点在していて風情があったが、五ヶ瀬町側はそれがない。

峠を少し越えたところに目当ての大仁田スカイラインがある。あいにくの天候で展望は得られなかったが、スカイラインの名前の通り、稜線を走る気持ちのよい道。

出口の小原井財木林道は舗装化されていたので、取材を割愛する。

川内奥畑林道

椎葉村の林道

この日のハイライトは川内奥畑林道。
本当は川内林道も走っておきたいのだが、天候が悪いのと体力的に無理をしているのが自分でもわかってきたので、取材は割愛した。

豪快な川内奥畑林道なのだが、あいにくの天候で視界が悪く、景観は楽しめなかった。

内の八重林道

椎葉村の林道

川内奥畑林道の出口は内の八重林道と隣接している。
通なりに内の八重林道に入り峠を越えると、そこからは舗装路となっていた。
扇山登山道の登山口まで舗装化したらしい。

中高年の空前の登山ブームでわたしも登山者の一人なので、観光のために登山道までの道を整備するのはわかるが、費用対効果と言うことを考えると、舗装化の費用は疑問が残る。

見違える不土野林道

椎葉村の林道

本線の不土野林道まで、椎葉村の市街からとても距離がある。
ガソリンが予備タンクになったので1度市街地へ出てから不土野林道に入ったが、1時間近い時間がかかってしまった。

不土野林道は以前に通ったときには狭いほとんど人通りのない支線だったのが舗装化工事されて居て、本線と見間違うほど。
不土野集落の利便性を考えた工事らしい。こうした工事は歓迎されるべきもの。
そのかわり、道を知らない人は、本線と支線を間違えて走ることになりそうだ。

不土野林道も一部、舗装化の工事を行っていたのは残念。

不土野峠の雨

椎葉村の林道

不土野林道を走り抜けた後、長尾林道も走り不土野峠を越えて熊本県に入る。
時間はまだ位ほどではないが、写真の通りひどい霧で山岳道路のように、高度が高い道は何も見えない。これでは写真を撮ることが出来ないので、早めの野営をすることにした。

  1. << 前のページへ
  2. 次のページへ >>

このエントリーをはてなブックマークに追加