ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

足摺岬へ

初秋の四国ツーリング

足摺岬へ

1998/10/08 0 km 天候:雨のち晴れ
石鎚スカイライン−ほうじが峠−R440−四国カルスト−四万十川の源流−R439−足摺岬

ほうじが峠

足摺岬へ

昨日の天候がまだ残っているのか、明け方は濃い霧が立ちこめている。
時折雨がぱらつき、期待していた石槌山は濃霧で見えず。
しかし、石槌スカイラインを降るにしたがい、徐々に晴れ間が見え始め、美川村に入る頃には快晴となった。

R380からほうじが峠を目指して父野川林道に入る。
峠の前後からは全山が緑の杉の木の覆われていてとても美しい。

四国カルスト

足摺岬へ

猪伏林道が通行止めなので、やむを得ず時間制限が有るがR440から四国カルストを目指す。五段高原に牛がたくさんいてびっくりしたが、ここからの眺めは四国の山の深さが良く分かる。

四万十川の源流にR439側から進入、急な坂が続き、路面もかなり荒れていて、大きな石がごろごろしている。
四万十源流の碑の下で休憩を取り、夕食のために水を3L汲んでおく。四万十川の源流で炊くご飯が食べられると言うだけで、わくわくしてくる。初めてではないのだが、これが旅人のさがか。

足摺岬へ

足摺岬へ

道の駅「布施ヶ坂」には、四国に来たときには必ず立ち寄ったている。ここのたこ焼きの味が忘れられないからだ。
たこ焼きと煮染めこんにゃくで腹を満たした後、ライダーの間で“酷道”と呼ばれる、R439に向かう。

1車線が続くR439を淡々と南下、日没後だいぶ発ってからようやく足摺岬にたどり着いた。
ジョン万次郎さんの足元に広がる広場で野営をすることにした。

  1. << 前のページへ
  2. 次のページへ >>

このエントリーをはてなブックマークに追加