ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

富良野から屈斜路湖へ

北の国から99’

富良野から屈斜路湖へ

1999/08/02 277 km 天候:雨のち曇り
上富良野−旭川−丸瀬布−遠軽−ルクシ峠−端野−美幌峠−屈斜路湖

富良野から屈斜路湖へ

炊事場で顔を洗っていると、出発しようとしていたXLRがキックをしてもエンジンがかからずにいたので、みんなで押し掛けをした。雨の中を出発。

国道を北上して旭川では環状線で市街地を迂回、R39までは交通量が多かったが、R333に入ると殆ど車は走っていない。遠軽を抜けルクシ峠に差し掛かると、小さな盆地を見下ろすことができる。殆どのライダーは振り向かずに走りすぎていく景観だろう。

R39に再び戻り、美幌へはいるあたりには美しい丘陵が広がっていた。そのままR243の美幌峠へと上る。峠では大音量で歌が放送されていた。観光客も多くいたが、景観はすばらしい。駐車場から展望台までは坂を登るので、オフロードブーツで歩くのは多少しんどいが、その価値はある。

屈斜路湖を眼前に見、すぐ足下をみどりに包まれたワインディングロードが下って行く。この美しさは阿蘇や、渋峠に通ずるものがある。美幌峠を後にして屈斜路湖湖畔の和琴キャンプ場へ。

ペンケトー

テントを張り、洗濯機に洗濯物を放り込んだ後、陽がまだ高いので夕食の材料を買いに弟子屈の街へ降りて行く。ついでにペンケトーを眺めに双湖台へむかう。確かに北海道に似た湖が見えたが、景観は今ひとつ。弟子屈に戻り、バイパスに建つスーパーで毛ガニなどの食材を買い込みキャンプ場へ戻る。

洗濯は終わっていて、乾燥機に濡れた衣類を放り込んでから、夕食の調理にかかる。毛ガニはゆでるだけで済むので手間がかからないから、よくツーリングの献立にのぼる。カニ2杯をゆでた後、残り汁でラーメンを作る。

夕食を半分ほど食べた頃に、KLX氏がやって来て、一緒に夕食を食べることにした。彼とはすすき野を肴に夜半まで話し込む。KLX氏はこの後、沖縄まで自走する予定という。

  1. << 前のページへ
  2. 次のページへ >>

このエントリーをはてなブックマークに追加