ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

納沙布岬

北の国から99’

納沙布岬

1999/08/04 497 km 天候:晴れ
鶴居−納沙布岬−霧多布岬−鶴居

納沙布岬へ

トラブルを抱えているとはいうものの、どうもキャンプ場でじっとしている気がしない。
せっかく晴れたのだから、今日1日の時間つぶしに納沙布岬を見に行くことにした。

とりあえず釧路湿原の展望台から景観を眺めた後、釧路を経由してR44へ。R272までは混んでいたが、一歩うちへはいると人影は全くない。幹線道路ではないために標識も少なく、道に迷いやすいが、本当の北海道を走っていると実感できるルートだ。道道813には長い直線路がいくつもある。左右には原生林、あるいは牧場、畑が広がっていた。

釧路湿原

納沙布岬

根室岬では展示館や展望台から海を眺める。
ここは10数年前は敵対していた海峡で、北海道のテレビでは毎日のように拿捕された漁船や、ソ連国境警備隊に銃撃を受けた漁船のニュースを放送していたのがウソのようだ。それでも昔の名残なのか、岬に至るまでの道道にはいろいろな看板が立っている。

R44は交通量が少なく、かなりのハイペースで流れていく。さすがにこのペースで走るのにはバイクが持ちそうにないので、MGロードへエスケープ。おなじ湿原を走る道でも、サロベツとも釧路とも違う不思議な雰囲気の舗装路。景観もよい。

MGロードを抜けた後、北太平洋シーサイドラインで厚岸まで進んでから、R44に戻る。このころには限界に達したらしく、チェーンとスプロケットが絡んで、リアタイヤが何度もロックする。

何とか日没を釧路湿原の展望台で見ようとしたが、間に合わなかった。しかし残照に照らされた釧路湿原はとても美しい。展望台を降りる頃には完全に暗闇となっていた。真っ暗なダート道道を走り、鶴居へ戻ったのは午後8時を回っていた。

  1. << 前のページへ
  2. 次のページへ >>

このエントリーをはてなブックマークに追加