ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

護摩檀山はまた雨

トラベル!トラブル!四国

護摩檀山はまた雨

2001/04/30 580 km 天候:雨
桑名−高野−龍神スカイライン−徳島

キャブのO/H

護摩檀山はまた雨

昨日の激しい雨は小雨に変わっていた。
屋根のある雨をしのげる場所は結局見つからなかったので、小さな工場の建物の風向きと逆側の空き地を借りて仮眠を取った。
5時過ぎから作業を開始して、キャブのO/Hとプラグ交換を終えたのは7時過ぎ。バイクに荷物をくくりつけていると、休日の早朝というのに工場の従業員が出勤してきたので、事後承諾ながら工場の敷地の一部を使わせてもらったことを話す。

護摩檀山

護摩檀山はまた雨

このまま四国に向かっても、徳島に上陸するのは昼過ぎとなり、半日を移動に費やすのは無駄なので、急遽予定を変更して護摩檀山周辺の林道を走ることとした。といっても地図はなく、過去に走ったときの記憶が頼りだ。

高野町から南下、龍神スカイラインをしばらく走ると奥千丈谷林道の入り口にたどり着く。
この林道を初めて走ったときも、この日と同じような雨天だったことを思い出す。あのときは12月中旬だったので、路面は雪と氷に覆われていたし、雨はもっと激しく降っていた。

徳島

護摩檀山はまた雨

舗装化の進む奥千丈谷林道のダートは、以前は10数キロあったものが7kmを残すのみ。この林道を往復してから、南谷城ヶ森林道、湯川清水林道を走る。

湯川清水林道から県道19へ道なりに抜け、地図がないので地名が書かれた標識だけを頼りに和歌山港へたどり着く。日が長い5月といってもすでに日は暮れていた。
暗闇の中、徳島に上陸し、月ヶ谷キャンプ場を目指すが、岐雨が激しくなりだしたので、県道16にある空き地に急遽テントを設営する。

  1. << 前のページへ
  2. 次のページへ >>

このエントリーをはてなブックマークに追加