ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

高知県を横断

南国雪中行軍記

高知県を横断

2001/12/30 392 km 天候:晴れ
宍喰−装束峠−奈半利−安芸−物部−高知−須崎

宍喰

高知県を横断

6時前に起床するが、出発にはまだ早くしばらくの時間、することが無く過ごす。
日の出とともに走り出し、宍喰の行止の林道を全て探索してから竹屋敷経由で国道493へと抜ける。

竹屋敷林道

高知県を横断

竹屋敷林道を通るのは今回が初めて。積丹半島の国道の崩落事故の影響で通行止めとなったのが1997年、以後閉鎖されていたが通行に支障がないとの情報を得たので、今回のルートに組み入れてみた。

幅員は狭いが生活道路らしく、路面は交通量が多い後が有る。

装束峠

高知県を横断

やや荒れた蛇谷林道を登り、装束峠へ。
蛇谷林道は降雪が多く真っ白となっている区間が多い。
装束峠の周辺は林道が迷路状につながっているのだが、今まで営林作業や工事で通れない林道が多くあり、今回その全てを取材することができた。

アイスバーン

高知県を横断

太平洋岸を安芸に走り、安芸から張川林道、物部へ。
奈半利から安芸まで暖かい日差しの中、国道55を西に進む。張川林道は思ったより荒れていなくて意外な感じがする。

東山奥千本谷林道はまた今年も舗装距離が伸びたようだ。峠の前後はアイスバーンとなっていた。

桂が浜

高知県を横断

国道195へ抜け四つ足峠、物部とすぎ高知桂浜へ。
日が傾いてきたのでさすがに寒さが身にしみてくる。物部村は四国でもいちにの寒い所だ。物部のライダーズinnにオフ車が一台停まっているのが印象的。

物部川に沿って高知に進むにつれ、多少気温が高くなる。桂が浜に着いたときは完全に日が暮れていた。桂が浜で月見をしてから須崎に向かい、山の中の広場で野営。

  1. << 前のページへ
  2. 次のページへ >>

このエントリーをはてなブックマークに追加