ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

垂水から内之浦にかけて

南国雪中行軍記

垂水から内之浦にかけて

2002/01/04 290 km 天候:晴れ
垂水−鹿屋−吾平−内之浦

大箆柄周回林道群

垂水から内之浦にかけて

あいにく、桜島は雲に隠れていて見えない。日は雲の間に隠れているが、時折り薄日が差すと、とたんに暑くなる。

今回の目的は大箆柄周回林道群の全てを走ることなので、入り口に当たる地寄林道から入り、大野原林道で終える。
随所に積雪があり、特に大箆柄林道のガレ場が一番きつい所の積雪が一番深い。鳴之尾林道、白山林道、高塚林道、猿ヶ城林道、大野原林道全てを探索し終えてから吾平へ南下。

吾平

垂水から内之浦にかけて

吾平の県道544があいにくの通行止めだったので、多少時間を浪費したが、二股林道、落平国見林道と通り内之浦へ抜ける。二股林道、落平国見林道、津房林道と夏の雨の影響で路面の荒れが目立つ。

内之浦

垂水から内之浦にかけて

国道448で内之浦を抜け、美濃峠の公園でテントを張り、食事をしているとき、突然海風が強くなり、あえなくテントがとばされてしまった。人間が中に入っていてとばされたのだから、その風の強さはちょっと想像もできたい。急いで食事を済ませてから場所を移動する。
用心して海岸に直接面していない所にテントを設営したのだが、無意味だったようだ。

これだけ強い風を防げそうな場所はなかなか無く、やむを得ず付近の小学校に非難する。校舎と校舎の間のわずかな隙間で一夜を明かす。

  1. << 前のページへ
  2. 次のページへ >>

このエントリーをはてなブックマークに追加