ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

恐山、薬研

東北日本海沿岸紀行

恐山、薬研

2004/08/03 340 km 天候:曇り、のち晴れ
大間−薬研−大畑−恐山−むつ−青森

易国間林道

恐山、薬研

大間崎から易国間(いくにま)林道へ。かつては廃道に近い荒れたダートも今はフラットダートとなっていた。荒れ方が楽しかったのだがフラットでは面白くない、クマでも出ないものかと期待していたが今日はお休みのようだ。

薬研の林道を一通り走り佐藤ヶ平林道で大畑へと抜けり。

恐山の外輪山越え

恐山、薬研

大畑から正津川林道、ドアノ沢林道とつなぐ。大間や大畑は相変わらずやませの影響で厚い雲に覆われているが、峠を一つ越えると青空が広がっている。

むつに抜け再び外輪山を越える。県道4の丁度外輪山の峠にある釜伏山展望台に向かうも二輪通行禁止と言われ引き返す。

恐山

恐山、薬研

晴天の恐山は妙なものだ。以前来たときは異常なほど気温の低い土砂降りの薄暗い日だったためか。夢にまで出てきそうなおどろおどろしい恐山のイメージがなくなってしまった。

再び薬研を抜けて湯ノ川越林道に向かう。



曇天

恐山、薬研

こちらの移動が早いか、雲が行く手に覆い被さるのが早いか。湯ノ川越林道の峠あたりから天候が怪しくなってきた。海岸を通り陸奥横浜に入る頃には空は真っ黒となっていた。

夏泊

恐山、薬研

野辺地の郊外で戊辰戦争の時の墓石を見つけた。なんでも津軽藩と八戸藩の戦いの跡だという。ポケットの中の戦争を見た気分だ。

夏泊半島にかかると空には青空が広がった。海は深く空は青い。

ねぶた祭り

恐山、薬研

森林公園のキャンプ場に早めにつく予定がずいぶんと遅くなった。テントを設営しただけで早速ねぶた祭りを見に出かける。

青森市は商業の町だけに、祭りも見せることに意を用いているようだ。このあたりは弘前との文化の違いだろう。どちらがよいと言うことではない。この日も最後の山車が居なくなるまで祭りを見ていた。

  1. << 前のページへ
  2. 次のページへ >>

このエントリーをはてなブックマークに追加