ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

阿寒

日本一周記

阿寒

2003/07/09 436 km 天候:晴れ
釧勝峠 道東林道 白糠 阿寒 鶴居 オンネトー 本別

釧勝峠

阿寒

昨日までとはうってかわって晴天、本別から釧勝峠林道に着く頃にはずぶぬれだったウエアーもだいぶ乾いてきた。

釧勝峠林道は北海道では数少ない本格的なトラバース林道。
多少落石が目立つが危険という箇所はない。
釧勝峠林道を抜けると道東林道の丁度中間付近にたどり着ける。

道東林道の支線

阿寒

道東林道の本線は翌日に廻し、支線から探索を始める。
道東林道は支線が多い上、一部の地図では名称が間違っていたり、正確な分岐が記載されていないなどで、道に迷って脱出できなくライダーやドライバーが後を絶たない。

阿寒

阿寒

道東林道の東側の支線を全て探索を終えた後、白糠町の山間部を横切り阿寒町へ。

数日前に走る予定だったシュンクシタカラ湖の周辺の林道を走る。
前回、出入り口が分からなかったオロエンナイ林道を含め、ほぼ予定通りに林道を走り終えた。

阿寒岳

阿寒

飽別白水林道と町道ルベシベ鶴居越線は残念ながら通行不可能だったが、新幌呂林道から鶴見峠、フレベツ白水林道とつないでゆく。

フレベツ白水林道からの阿寒岳の景観を期待していたのだが、木々に遮られて見る事は出来ない。この林道には支線に展望台があるので、そこからならよく見えるはずだが時間の関係で展望台に立ち寄る事はあきらめた。

オンネトー

阿寒

フレベツ白水林道を阿寒湖側に抜け、オンネトーへ。
晴天のしたのオンネトーと阿寒岳は実に美しい。

足寄峠側の駐車場は観光客でごった返していたが、少し奥にはいると人影はまばらとなる。最後の景観ポイントから先はダートで、交通量は非常に少ない。

本別

阿寒

足寄から本別へ国道を迂回するように本別沢オネトップ林道が通っている。
途中には幽仙境という東屋が一軒だけ建っている、小さな渓谷がある。実際、日没前後にここを通ると、幽の文字からつい幽霊を連想してしまうところだ。

本別へ抜けるとそこが静山キャンプ場となっているので、実に使い勝手の良い林道となっている。

  1. << 前のページへ
  2. 次のページへ >>

このエントリーをはてなブックマークに追加