ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

まな板とナイフ

まな板とナイフ

調理をする上で欠かせないのがまな板とナイフです。包丁を持つキャンパーも多いのですが、安全性を考えて折りたたみナイフを持っています。まな板は収納を考えた丸形の落としぶたを流用しています。

丸いまな板は収納がやさしい

丸いまな板は収納がやさしい

フライパンとクッカーを重ねた直径と同じサイズの落とし蓋を探してきて、若干の加工を加えてまな板として使っています。
このまな板で刺身を切ったり、野菜や肉を切って焼き肉や鍋を作ったりしています。

まな板らしい長方形のミニまな板も売られていますが、収納の点で単独でしまわなければならず、パッキング時に空間に無駄を作ってしまうので使いません。

果物ナイフ

果物ナイフ

さやが付いていれば包丁でも危険性は少ないのですが、万々一を考えて折りたたみ式の果物ナイフを使っています。
ポケットサイズの小さなナイフですが、良く切れます。魚も肉も野菜もこのナイフ一丁で調理できます。

Ads by Google