ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

ししゃもの刺身

ししゃもの刺身

道央の鵡川の海岸線にししゃもを売るお店が並んでいます。
日高本線に沿ったこの国道は、襟裳岬に通じていて、黄金道路を経て十勝平野に抜けられるので、景観の美しいこともあって、ツーリングライダーに人気の道です。

ししゃもの干物(正確には別種のししゃも、最近では「樺太ししゃも」とパッケージに書かれています)は東京のスーパでもどこでも手に入りますが、本当のししゃもは北海道でも、この鵡川と周辺でしか手に入りません。漁獲高が少ない上に、鮮度を維持するのが難しいからです。

鵡川の特産物

まして、刺身となると、ししゃもが遡上する季節でしか食べられません。
わたしがししゃもの刺身を食べたのは、2007/10/28の事で、2年間住んだ北海道を離れる日でした。写真のお店です。

国道からやや入った所に地元の特産品販売所が建っていて、その隅に食堂があって、ししゃもの刺身が食べられました。
身は白身ですが、淡泊ではなく、濃厚な味でした。ただ、トロが好きなライダーには向かないかも知れません。油の味はしないからです。

去年辺りから、東京でも「ししゃも」の干物は出回るようになりましたが、刺身はまず賞味できないでしょう。
北海道限定の味覚です。

Ads by Google